2018.06.29 Friday

(社)災害復旧職人派遣協会 の役割

0

    (文責 (社)災害復旧職人派遣協会 事務局 植原)

    今回のボランティア活動において、(社)災害復旧職人派遣協会の「役割」を考えてみました。

     

    (1)大きな地震災害が起きると、自衛隊の方々が救助はもちろんですが、屋根のブルーシート掛けもされています。

    そのやり方は屋根にブルーシートを被せ、土嚢を置くだけのものです。

    それは仕方のない事だと思います。

    何千、何万件の被災した屋根に【1棟でも多く】ブルーシートをかけるには時間をかけてはいられない…

     

    しかしこれでは強風が吹いたら飛んでしまい、右の写真の様に瓦がずれているため雨が降ったら雨漏りは確実です。

     

    (2)(社)災害復旧職人派遣協会はこちらの写真の様に、風が吹いても飛ばないよう、ブルーシートを材木で固定します。

    この方法であれば、半年ほどは雨漏りの心配なく過ごすことが出来ます。

    但し、1棟に費やす時間は1時間〜1時間30分ほどかかってしまいます。

    1日に7棟〜8棟が限界。

    (時間短縮のために、他のボランティアさんにお手伝い頂いて、地上で材料を組み立て、少しでも時間短縮に努めてはいます…)

     

    (1)と(2)これはどちらが良いかとか、正しいかとかではなく、

    【役割】の問題だと思いました。

     

    「今降っている雨で雨漏りをしている…今すぐ何とかしてほしい…」

    そんな時、被災直後ブルーシートを被せ、土嚢を積むだけの応急処置でも【安心】し「ありがたい」と感じるはずです。

    しかし、職人不足で完全修復が出来ず、ブルーシートを被せている状態が1か月、2か月、3か月…と続いたらと

    いつ雨漏りがしてくるかと不安感を持つことになると思います。

     

    (1)だけでいいと思う人もいる。(1)を経て(2)までやってもらいたいともう人もいる

    (社)災害復旧職人派遣協会は(1)からの【安心】を【完全に修復】できるまで、少しでも長く感じていてもらいたい。

    そんな役割を担う団体ではないのかとしみじみ思いました。

     

    2018.06.28 Thursday

    (社)災害復旧職人派遣協会 大阪北部地震 新聞記事

    0

       

           

       

      社)災害復旧職人派遣協会についてはこちらをご覧ください。

      2018.06.27 Wednesday

      (社)災害復旧職人派遣協会 大阪北部地震ボランティア第一陣3日目

      0

        第一陣の作業3日目の様子です。

         

         

          

         

        ブルーシートの上を桟木で止めているので

        本格修繕までのしばらくの間雨風を防ぐことが出来ます。

         

        (社)災害復旧職人派遣協会についてはこちらをご覧ください。

        2018.06.27 Wednesday

        災害復旧職人支援基金のお願い

        0

          職人ボランティアを支えるための受け皿となる基金です。

          下記要綱で受け付けております。
          皆様の心からのご賛同をお待ちしております。

           

          ★一口 10,000円

          ご賛同いただける場合、お振込の際には下記連絡先までご連絡頂ければ幸いです。
           ■ゆうちょ銀行 〇八八支店 
           ■普通 1688686
           ■口座名 シャ)サイガイフッキュウショクニンハケンキョウカイ
               (社)災害復旧職人派遣協会
          連絡先 TEL:0554-22-2000
                   mail:info@nsi10.com
                   (日本ステンレス工業内)まで。

           

          2018.06.27 Wednesday

          大阪府高槻市にてボランティア1日目

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

             

            大阪府高槻市に到着しました。 

             

              

             

            まずはボランティアセンターにて登録説明を受け、資材を積み込みました。

             

             

            雨漏りをしないよう、ブルーシートで応急処置をします。

             

            この作業を7月12日まで行います。

            現地の様子は、このブログで更新していきます。

             

            (社)災害復旧職人派遣協会についてはこちらをご覧ください。

            2018.06.24 Sunday

            (社)災害復旧職人派遣協会 大阪北部地震ボランティア出発

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル

               

              6月18日7時58分。大阪府北部を震源として発生した『大阪府北部地震』

              大阪から「一部の地域で家屋の屋根が被害を受けている」との情報が20日に入り、

              協会理事の決定で6月24日午後4時、事務局を置く日本ステンレス工業(株)から第一陣が出発しました。

               

              2017年1月27日に登記が完了した(社)災害復旧職人派遣協会は

              今現在の登録件数 57件(63名)で構成されています。

              7月12日までの2週間。第六陣までのべ120名の予定で現地に派遣されます。

               

              (社)災害復旧職人派遣協会についてはこちらをご覧ください。